【アベンジャーズ4の数分後の物語?】「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」の公開前情報まとめ

【アベンジャーズ4の数分後の物語?】「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」の公開前情報まとめ

今回の記事はMCUシリーズ第23作品目、スパイダーマンが主役の映画としては第7作目の「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」についての記事になります。

製作はコロンビア映画とマーベル・スタジオ。監督はジョン・ワッツ、脚本はクリス・マッケナとエリック・ソマーズということで、前作「ホームカミング」から引き続き担当されます。

日本公開日はまだ決定しておりませんが、アメリカ合衆国では2019年7月5日に公開予定。

前作「ホームカミング」タイトルは、アメリカの秋学期に高校や大学で行われる「ホームカミング」と、ソニーが映画化の権利を所有していたスパイダーマンがMCUへの帰郷(ホームカミング)する二つの意味合いがあると言われています。

今作の「ファー・フロム・ホーム」は直訳すると「家から離れる」になりますが、マーベル・スタジオ社長ケヴィン氏は前作同様タイトルに物語に関する複数の意味があると語っているので、どの様な意味が含まれているかは非常に気になるところです。

例えば、「ヴェノム」の記事で記載しましたが「ソニーズ・ユニバース・オブ・マーベル・キャラクター」という新ユニバースに参入するために「MCU(家)」から一時的に離れるという意味が含まれているという事も考えられます。

 

※関連記事はこちら

【ネタバレなし】可愛い地球外生命体?「映画:ヴェノム」の魅力と感想

 

前作:スパイダーマン:ホームカミングのあらすじ

2012年の「アベンジャーズ」の戦いのあと、瓦礫撤去をしていたトゥームスたちはダメージコントロールによって職を奪われる。

トゥームスは所有していたチタウリの残骸を利用し、ハイテク兵器を開発。トゥームスはウイングスーツを装着し、「ホームカミング」のヴィラン”バルチャー”になる。

シビルウォー」にてアイアンマンに協力し、その後アベンジャーズとしての任務を待つピーター。だが、指示が来ないため、街で自転車泥棒捕まえたり、おばあさんに道案内したりする毎日を送っていた。

そんなある日、ピーターはハイテク兵器を利用してATMから金を盗む集団と遭遇。その後、ハイテク兵器を密売する現場を邪魔することにより”バルチャー”に目をつけられる。

 

ファー・フロム・ホームの物語

「ファー・フロム・ホーム」は「アベンジャーズ4の数分後から始まる物語」となるようです。「インフィニティー・ウォー」で消滅したスパイダーマンが「アベンジャーズ4」で蘇り、その後「ファー・フロム・ホーム」に繋がっていく可能性があります。

 

Advertisement

本作ヴィラン

ミステリオ

本作のヴィランはミステリオ」。本名:クエンティン・ベック。クエンは子供の頃から映画が好きで、その後、撮影現場でミニチュアや特殊メイク、ストップモーション・アニメーションなどをおこなうSFXアーティスト兼スタントマンの仕事します。

原作では、その技術を利用し、スパイダーマンスーツを偽装したり、毒ガスや幻覚を見せる煙、足裏に仕込んでいるバネを使って超人的なジャンプ等多彩な技を使用可能。

スパイダーマンになりすまして悪事を重ね、彼が犯罪者であるように演出したが、最終的に悪事は明らかになった。

二代目ミステリオ:ダニエル・ベルクハルト、三代目ミステリオ:フランシス・クルムもいますが、本作ではクエン版のミステリオになります。

演じるのはジェイク・ギレンホール。1991年公開の「シティ・スリッカーズ」にてダニー・ロビンス役で俳優デビュー。2005年公開の「ブロークバック・マウンテン」でジャック・ツイスト役を演じ、英国アカデミー賞 助演男優賞を受賞、アカデミー助演男優賞にノミネートされた人物です。

 

もう一人のヴィラン?

ミステリオ以外に登場するのでは予想されているヴィランがどんな人物にも変装出来るカメレオンです。カメレオンはスパイダーマンが最初に戦ったスーバーヴィラン

俳優のヌーマン・エイカーディミトリという名前でキャスティングされたのですが、カメレオンの本名が同じディミトリのため登場するのではないかと予想されています。

ミステリオも変装が得意なヴィランという共通点があるので、登場してもおかしくないのではと感じます。

 

まとめ

フューリー長官やハッピーが撮影されている様子が目撃されたり等、期待が膨らむファー・フロム・ホームの気になる公開日ですが、日本での公開日は現在未定。

ですが、アメリカ合衆国で2019/7/5公開予定なので、今までの公開日から予測すると遅くても9月までには公開すると考えられます。

「アイアンマン3 」、「シビル・ウォー」は日本のほうが公開が早かったので運が良ければ早くなる可能性もありますので、今後の発表に乞うご期待!