【仮面ライダージオウ】「5.5話/トキワ荘ゴと謎電話」と「5話/スイッチオン!2011」の解説と今後の展開を考察!

【仮面ライダージオウ】「5.5話/トキワ荘ゴと謎電話」と「5話/スイッチオン!2011」の解説と今後の展開を考察!

今回の記事は—

”【仮面ライダージオウ】「5.5話/トキワ荘ゴと謎電話」と「5話/スイッチオン!2011」の解説と今後の展開を考察!”

上記について!詳しくは本文をどうぞ!

 

「5.5話/トキワ荘ゴと謎電話」・「5話/スイッチオン!2011」

今回は「5.5話/トキワ荘ゴと謎電話」と「5話/スイッチオン!2011」の気になった部分と第6話の展開を簡単に予想してみました。

 

※仮面ライダージオウ第4話未視聴の方は是非この記事をお読みください!

【仮面ライダージオウ】「4.5話/Aレジェンドたちの告白」と「4話/ノーコンティニュー2016」の解説と今後の展開を考察!

 

※仮面ライダージオウ・仮面ライダー555・仮面ライダーフォーゼ関連記事はこちら!

【仮面ライダージオウ】出演しそうな歴代ライダー俳優の最新情報まとめ!

【仮面ライダージオウの名言とセリフ一覧】祝え!新たなる名言の誕生を!

【仮面ライダージオウ】に向けて歴代平成仮面ライダーあらすじとオススメポイント!part1

【仮面ライダージオウ】に向けて歴代平成仮面ライダーあらすじとオススメポイント!part3

【猫舌のクリーニング屋?キャストはなんと高層建築好き!?】仮面ライダージオウに登場したファイズ:乾 巧とキャスト:半田健人さんを徹底解説!

 

「5.5話/トキワ荘ゴと謎電話」の情報

今回の仮面ライダージオウ補完計画は主に3つの情報がありました。

①アナザーライダーの体には「BUILD」のように元になった仮面ライダーの名前が書いてある。

②ファイズフォンXは別の時代にも電話をかけることが可能な電話モードと、人間なら一発で眠らせることが出来る銃モードがある。
未来の人はファイズフォンの元になった仮面ライダーファイズの存在を全く知らない。

③常磐ソウゴの名前の由来は、原作者の石ノ森章太郎さんが住んでいた「トキワ荘」にゴをつけた。

3つの内容でネタバレ的な情報は無いように見えますが、ゲイツとツクヨミがファイズを知らないことがかなり強調されていました。
おそらく2068年でファイズフォンを元にしてファイズフォンXを開発したが、アナザーファイズが誕生したことで歴史の流れが変わり仮面ライダーファイズがいない時代になったからだと考えられます。
そうなると2068年に仮面ライダーについての情報がいくらあっても、アナザーライダーが現れた瞬間に情報が無くなるので、その時代で得た知識で調査するありません。
アナザーライダーの性質は非常にやっかいなものだと改めて感じさせます。

 

Advertisement

「5話/スイッチオン!2011」のストーリー

 

・ウォズが冒頭にてクリアできないゲームの謎を解いたことで仮面ライダーエグゼイドの力を奪ったことと、今回は二人のレジェンドライダーが待ちうけキーワードは「流れ星」であると解説する。

・ウールとオーラが周囲の時間を止めて仮面ライダージオウについて話していると、新たなタイムジャッカーのスウォルツが登場する。二人は体の動きを止められ、ウールを子供扱いしながらオーマジオウに流れが傾いているのを止めるようにと忠告しその場を去っていく。

・ソウゴの下校中に、仲間について話している生徒たちがいた。ソウゴは「仲間か」と呟き4話のツクヨミが言った「オーマジオウにならないように導きたい」というシーンを考える。

・ソウゴがおじさんの時計屋にいると、ツクヨミとゲイツが外出しようとしていた。ソウゴを見張っていなかった二人の様子からアナザーライダーに関係することだと勘づき、ソウゴは一緒についていくことになる。

・道中にソウゴはツクヨミから天ノ川学園高校の女子生徒が失踪したチラシをもらい、その事件を調べたことで「女子生徒連続失踪事件」が数年にわたって起きている事と、女子生徒には共通点があり「てんびん座生まれの18歳」であったことを聞く。
その奇妙な条件からアナザーライダーの犯行だと考えて事件を捜査することになる。一つの学校で立て続けに事件が起きていたことから、3人は天ノ川学園高校の制服に着替え聞き込みをする。

・事件の捜査が難航したため、ソウゴは階段からわざと落ちて、ツクヨミとゲイツは保健室の先生をソウゴの元に誘導する。先生がいない間に保健室のパソコンから全生徒の情報を調べ「山吹 カリン」という生徒が条件に当てはまることが分かる。その最中、天ノ川学園高校の校門前にはフードを被った謎の人物が立っている。

・先生に助けてもらったソウゴは仲間が心配していたと言われるが、仲間と思われていないと呟く。その目の前を歩いている女子生徒が突然倒れこんだので支えるが、意識が戻った女子生徒は走って逃げる。

・女子生徒を追いかけるソウゴの元にウォズが現れて、今回の事件については「情報が錯綜していて私にも良く読み解けないんだ。」「一つ教えられるのが、この件は流れ星から始まった。」と語り、ウォズはふとした瞬間に忽然と消える。

・逃げた女子生徒は屋上に居たが、フードの男が現れて女子生徒の首を絞める。合流したソウゴたち3人が窓を見た瞬間に地面に落ちる女子生徒の姿を見て現場へ向かう。
現場には座った状態の女子生徒とアナザーフォーゼがいた。ソウゴは逃げた女子生徒だと気づき、アナザーフォーゼが突き落とした犯人だと思う。

・ソウゴとゲイツは仮面ライダーに変身しアナザーフォーゼと戦う。ミサイルのように飛んでくるロケットやチェーン付きハンマーで攻撃され吹き飛ぶジオウ。その瞬間にビルドライドウォッチが落ちる。ゲイツはそれを拾いゲイツビルドアーマーへと変身し、腕のドリルでアナザーフォーゼを追い詰めて「フィニッシュタイム」を放ち吹き飛ばす。

・吹き飛ばされたアナザーフォーゼのもとに女子生徒が近づいてその体にしがみつく。その様子を見ていたゲイツはアナザーフォーゼの体に「2011」の文字を見つける。
アナザーフォーゼは女子生徒を突き飛ばし逃走。ツクヨミは女子生徒が「山吹 カリン」であることに気づき事情を聴こうとするが、山吹カリンもその場から逃走する。追いかけようとする3人の前に戦いを見ていた男子生徒2人が現れて、ソウゴとゲイツが仮面ライダーであることを喜び、自分たちが仮面ライダー部であることを明かして部室へ案内する。

・部室の壁には歴代ライダー部の写真と名前等が書かれており、朔田流星の名前を見つけてソウゴはウォズのことを話す。ライダー部の生徒から2011年のOBであることを聞いたゲイツは、アナザーフォーゼに関連していると考える。
その最中、大杉忠太が現れて新入部員なら仲間との絆を大事にするこの部に入部しないか3人に問いかける。ソウゴは思わず「仲間」と呟く。

・ライダー部の生徒が大杉へ二人が仮面ライダーであることを教えると、ゲイツの腕にあるライドウォッチへ気づき、箱に入れてあったフォーゼライドウォッチを見せる。
大杉はこの部の顧問から「いつかスッゲェ奴が来るから、これを渡してくれ。」と頼まれており、顧問は家出した生徒を探すために不在であると教えてくれる。
「君たちに違いない」とソウゴへフォーゼライドウォッチを渡す。

・ソウゴとゲイツは2011年に起きた最初の事件現場へ、ツクヨミは山吹カリンを保護するために二手に分かれることにする。

・2011年に謎の男性がベットに寝ている女子生徒に向けて手をかざす。男性の手が白く光るが、その光はすぐに消えて驚きながら「なんでだ。まさか、俺の力が無くなって・・・」と呟く。

・呆然として歩いている男性は、戦闘中の仮面ライダーフォーゼとスコーピオン・ゾディアーツを目撃する。その瞬間に時間が止まり、スウォルツが現れる。スウォルツが「お前に新しい体験をしてもらう。意見は求めん。」と言うと、男性は「断るわけないだろ!俺にはまだ力が必要なんだ。」と言い返す。スウォルツは「実験の開始だ。」と言う言葉とともに起動したアナザーライドウォッチを男性の体に挿入し、男性の体はアナザーフォーゼの姿へと変貌する。アナザーフォーゼが現れたことで歴史が変わり、フォーゼの変身が解除され、スコーピオン・ゾディアーツの姿が消える。

・2011年で最初の被害者である女子生徒を襲うアナザーフォーゼ。アストロスイッチような物を取り出しその中に女子生徒を取り込む。

・その光景を目撃したソウゴとゲイツは仮面ライダーへ変身しアナザーフォーゼと戦う。ロケットを利用した多彩な攻撃に翻弄される二人のライダー。ゲイツはドライブアーマーへ変身し立ち向かうが強烈な攻撃に吹き飛ばされる。ジオウはフォーゼライドウォッチを取り出すが、アナザーフォーゼの熾烈な攻撃にアーマー装着をすることが出来ない。

・ジオウに向けてアナザーフォーゼのパンチが放たれるが、突然現れたウォズが片手でその手を止める。「下郎。お前如きが我が魔王の継承の儀を邪魔するなど、おこがましいにもほどがある。下がれ。」という言葉とともに白い光を放ちアナザーフォーゼを吹き飛ばす。

・ジオウはフォーゼアーマーへと変身。立ち上がたアナザーフォーゼは右足から多数のミサイルを放つがジオウは両腕のロケットを飛ばしてその攻撃を防ぐ。

・その頃2018年のツクヨミは山吹カリンの姿を見つけ、「女子生徒連続失踪事件」から保護すると伝えるが、「その必要はない」とフードを被った男性が現れる。男性が女子生徒に近づこうとすると、新たな人物が現れてその歩みを止めさせる。

・アナザーフォーゼと戦っていたジオウはロケットの形に変わり、アナザーフォーゼを宇宙空間へ連れていき、フィニッシュタイムの「宇宙ロケットキリモミキック」を放つ。
地上に落ちたアナザーフォーゼは爆発するが、その体が少しづつ剥がれはじめ、体の中から「FAIZ」と書かれたアナザーライダーが現れる。

・フードの男性は突然現れた男性を突き飛ばす。お互いの顔を見合わせた二人。突然現れた男性はフードの男にたいして「久しぶりだな。草加。」と話しかける。

 

~第6話/555・913・2003へ続く~

 

「5.5話/トキワ荘ゴと謎電話」・「5話/スイッチオン!2011」の気になった部分

・保健室のデータベースで見た山吹カリンの情報から気になる部分がいくつかあります。

①学籍番号の「4771ON-7」
→死なない女

②名前のカリン
→小惑星「カリン」

③不尾瀬(ふおぜ)中学校
→フォーゼ中学校

④珊瑚(さんご)小学校
→555小学校

⑤住所の越百(こすも)市隼(はやぶさ)
→宇宙と小惑星探査機「はやぶさ」

⑥緊急連絡先が兄の山吹太郎

・女子生徒の首を絞めて、屋上から突き落としたと思われる草加雅人の行動。

・ウォズが語ったキーワードの「流星
→仮面ライダーフォーゼにて仮面ライダーメテオに変身していた朔田流星と関連性があるように見えますが、5話で直接的に朔田流星を感じさせる内容はありません。
天ノ川学園高校は宇宙からコズミックエナジーが降り注ぐザ・ホールの真下にあるという設定なので、天ノ川学園高校に流星が落ちてきて、それが原因になって何かが起きた。
もしくは、555の「流星塾」を示唆しており、その関係者が発端となっている等も考えれます。

・アナザーライダーの男性とベッドで倒れていた女子生徒。
→男性は女子生徒へ力を送ろうとしているように見えました。女子生徒の顔は映されていませんでしたが、話の展開から女子生徒は山吹カリンだと思うので、そうなると男性のほうは緊急連絡先に記載されていた兄の山吹太郎だと予想します。

・アナザーフォーゼが生まれた瞬間に仮面ライダーフォーゼの変身が解除され、スコーピオン・ゾディアーツが消えた。
→仮面ライダーフォーゼの変身が解除されたのは、アナザーライダーが誕生し歴史が変わったためですが、ゾディアーツが消えたのは少し気になります。
アストロスイッチがまったく開発されなかった歴史になった。もしくは、アナザーライダーが誕生すると仮面ライダーと戦っていた怪人までなかったことになるのでしょうか?

・ウォズの戦闘能力
→ウォズはアナザーフォーゼを圧倒するパワーを持っていました。仮面ライダー剣の相川始(ジョーカー)のように正体が怪人であったり、いずれかのアナザーライダーである可能性も考えられます。

・継承の儀
→ウォズは常盤ソウゴがオーマジオウになることを望んでいます。今までヒントを出してアシストしてきましたが、フォーゼアーマーの使用を止められそうになって初めて直接戦闘に干渉しました。
各ライダーのアーマーを装着することは非常に大切な意味を持つのだと考えれます。【仮面ライダージオウ】「3.5話/王位なるネタバレ」と「第3話/ドクターゲーマー2018」の解説と今後の展開を考察!で考えたようにアーマーを装着することで仮面ライダーの力を奪って王様になるように誘導するのが目的かもしれません。
しかし、ゲイツもライドウォッチを使用している。自分のライドウォッチでなくソウゴが落としたビルドライドウォッチをわざわざ使用していた。ゴースト、ドライブと増えていくライドウォッチという要素もあるので【仮面ライダージオウ】「3.5話/王位なるネタバレ」と「第3話/ドクターゲーマー2018」の解説と今後の展開を考察!で考えたようなゲイツが悪の存在である可能性が高まったようにも感じます。
このまま物語が進むと残るのはジオウとゲイツになるので、その瞬間にゲイツの目的が分かるという展開も考えられます。

・アナザーフォーゼの体からアナザーファイズが出てきた。
→アナザーフォーゼになった謎の男性は、アナザーライダーになる前に手を光らせる不思議な現象をおこしていました。男性は元々アナザーファイズになる契約をしていたが、何らかのトラブルが起きて困っていたところにスウォルツが二つのライドウォッチを使用する実験目的で現れたのでしょうか?

・乾巧と草加雅人が生きている。
→仮面ライダージオウはパラレルワールドのような話なのでかもしれませんが、本編最終回で灰化が進んで死が近いことを示唆されていた乾巧と、木場に首を折られて死んだ草加雅人が生きていました。
アナザーファイズが生まれたので仮面ライダーファイズの存在が無くなり、その結果生きているという可能性も考えられます。
ですが、乾巧はオルフェノクなので死に至る病にかかっている状態でした。ブラスターフォームの影響が無くても14年を生きれない気もするので、上記のようにオルフェノクという存在が無くなり人間になっているかもしれません。
アナザーファイズが倒されて歴史が戻った後に乾巧と草加雅人が生きたままなのか、「2.5話/世界のルール」の「オトナの事情にツッコむヤツは馬に蹴られる」なのか6話の展開が非常に楽しみです!

 

まとめ

5話はフォーゼ要素が強かったように思うので、6話を555よりのストーリーにして簡単に考えてみました。

2003年に事故で家族を失った山吹兄弟は流星塾に引き取られた。流星塾では引き取られた子供に対して、オルフェノク関連する実験が行われていた。
カリンへ実験が行われ、それに気づいた太郎はカリンを連れて流星塾から逃走する。だが、実験の後遺症によりカリンは死ぬことが出来ない体になり、ウィザードのコヨミのような力を注がないと生きれない体になった。
妹を救う方法を探していた太郎のもとへタイムジャッカーの誰かが現れて、アナザーファイズになる契約を持ちかけ、太郎はその契約を結ぶ。
アナザーファイズになった太郎はカリンと同じ「てんびん座生まれの18歳」を取り込み、カリンを生かすための力へ変える能力を獲得する。

アナザーファイズが誕生したことで記憶を無くした乾と草加だったがクリーニング屋「西洋洗濯舗 菊池」に住んでいる状況だった。
草加は元流星塾生として流星塾のことを調べて始め、山吹兄弟の存在を知り「女子生徒連続失踪事件」との関連性に気づく。間違った行為をしている兄弟を殺すために事件を追うことにする。
乾は草加の行動について不審に感じ、仲間の間違いを正すために草加を追い続けていた。

話は第5話の時代に変わり、乾と草加が和解しアナザーライダーを倒すために、ゲイツへファイズライドウォッチを渡す。
アナザーライダーは同じライダーの力でしか倒せないので、ジオウとゲイツがそれぞれのアーマーを装着し、同時に攻撃してアナザーライダーを倒す。

仮面ライダージオウは予想外の展開が沢山あったり、大杉先生が仮面ライダー部を大切に思っている描写があったりで色々おもしろいです。「555・913・2003」が実際はどういう話なのか乞うご期待!