【黄金の平成仮面ライダー】一覧と第10位までの私感ランキング!

【黄金の平成仮面ライダー】一覧と第10位までの私感ランキング!

どうも、ヘンミ ヒロです!

今回は平成仮面ライダーに登場する黄金のライダーを一覧にして、その中で個人的に好きなデザインや活躍から第10位までの私感ランキングにしました。

なるべく黄金のライダーを選んでいますが、色は個人の主観によるところが大きいので、判断が難しいのは「黄金のライダー???」と別区分にしています。

あくまで私感のランキングなので、一覧を見て自分なりのランキングを考えてみるのも面白いと思います!

 

※現在は仮面ライダービルドまでのランキングです。

Advertisement

ランキング

第10位

仮面ライダーウィザード インフィニティードラゴンゴールド

登場作品:『仮面ライダー×仮面ライダー 鎧武&ウィザード 天下分け目の戦国MOVIE大合戦』。

ウィザードアームズの仮面ライダー鎧武と共に、武神鎧武との最終決戦時に変身したウィザードの特殊フォーム。デザインは好きなのですが、この姿になった理由がはっきりしていないのと、このフォームのまま敵を倒していないので第10位になりました!

 

第9位

仮面ライダーネクロム 友情バースト魂

登場作品:仮面ライダーゴースト Vシネマ『RE:BIRTH 仮面ライダースペクター』。

深海兄妹の出生の秘密を知り、それでも彼らを「人間」の「友」として接し、マコトを止めるためアランの強い心が生み出したフォーム。ディープスペクターと激しい死闘を繰り広げた。

本編でネクロムの強化がなくて残念だったので、このフォームの登場は非常に嬉しかったです!

 

第8位

仮面ライダーコーカサス

登場作品:仮面ライダーカブト 劇場版『GOD_SPEED_LOVE』。

「黄金の仮面ライダー」の異名を持ち、映画のボスとして登場。本格的な活動は物語の後半でしたが、登場した戦いではハイパーゼクターの力を使い圧倒的な強さで仮面ライダーを苦しめました。

自らが倒した相手に青い薔薇を手向けるシーンや、格闘家の武蔵が変身するのが印象的でした。

 

第7位

仮面ライダービースト

登場作品:仮面ライダーウィザード本編等。

魔法使いのアーキタイプ(原型)としての存在。倒した敵の魔力を喰らう能力を持つが、定期的に魔力を吸収しなければ死んでしまうという非常に重い制約をもつ。

変身者:仁藤攻介の性格により重い制約を感じさせず、登場当初から主人公を支える仲間として活躍しました。

変身時に流れる″L!・I!・O!・N! ライオーン!!!”のボイスが記憶に残ります!

 

第6位

仮面ライダーマルス ゴールデンアームズ

登場作品:仮面ライダー鎧武『劇場版 仮面ライダー鎧武 サッカー大決戦! 黄金の果実争奪杯!』。

黄金のアーマードライダー。映画のボスとして冷酷な作戦を実行し、鎧武たちを苦しめる存在。

特徴的な剣と盾を使用し、鎧武の複数のアームズと戦うシーンや、馬に乗りながら極アームズと戦うシーンは必見です!

 

第5位

仮面ライダーグリス

登場作品:仮面ライダービルド本編等。

登場した段階では強力なハザードレベルは4.2の敵として、物語が進むと頼りになる仲間として活躍したグリス。

本編後半では協力な敵が多く、苦戦しているシーンが多かったのですが、『劇場版 仮面ライダービルド Be The One』では面目躍如の大活躍でした!

 

第4位

仮面ライダーオーディン

登場作品:仮面ライダー龍騎本編等。

バトルファイトに勝ち残ったライダーが最後に対戦する相手とされる13人目の仮面ライダー。

龍騎の中でカタログスペックや全カードの能力が最高性能。瞬間移動や、タイムベントで時間を戻し都合の悪い過去を変える能力等で主人公たちを苦しめました。

個人的に「ファイナルベント/エターナルカオス」が本編でしっかり描写されていないのが残念です!

 

第3位

仮面ライダーエグゼイド ムテキゲーマー

登場作品:仮面ライダーエグゼイド本編等。

仮面ライダーエグゼイドの最強フォーム。レベルを超越した存在。

平成仮面ライダーシリーズ全体でも最高クラスのカタログスペック。常時無敵状態であるためあらゆる攻撃が効かず、敵からのダメージを受けることがないパワーやスピードは常にエナジーアイテムで最大限強化されている状態に匹敵する。自身の高いスペックをさらに2倍にする能力等全ライダーの中でもチート能力を多数!

 

第2位

仮面ライダーブレイド キングフォーム

登場作品:仮面ライダー剣本編等。

本来のキングフォームとはカテゴリーKのみと融合する姿になるはずが、剣崎の高い融合係数により、所持するスペードのスートの13体のアンデッド全てと融合して生まれた姿。

キングフォームを使用し続けるとジョーカー化するリスクがあることを分かっているのに、相川始を助けるためにあえてキングフォームで戦い続けた剣崎一真の選択は感動的でした!

 

第1位

仮面ライダーキバ エンペラーフォーム

登場作品:仮面ライダーキバ本編等。

第1位は仮面ライダーキバの最強フォーム、「黄金のキバの鎧」の異名を持つエンペラーフォームです!

デザインもカッコイイのですが、基本フォームがエンペラーフォームを封印している姿、ファンガイアの王の為に作られた存在、強化アイテムのザンバットソードを操り複数の敵を切り倒すシーン等、筆者の中二心をくすぐる設定が盛りだくさん。

初登場が24話と最終フォームの中で非常に早く、出番が多いのもあり第1位になりました!



ランキング外:黄金のライダー

仮面ライダー煌鬼

登場作品:仮面ライダー響鬼 劇場版「仮面ライダー響鬼と7人の戦鬼」。

響鬼では珍しい水中シーンが印象的でしたが、映画のみの登場で戦闘シーンも少ないためランキングからは除外。

 

仮面ライダーソーサラー

登場作品:仮面ライダーウィザード 『劇場版 仮面ライダーウィザード イン マジックランド』。

金色の魔法使い。「魔法使いの国」を取り仕切るオーマ大臣が変身する仮面ライダー。

魔法による攻撃や、長大な斧「ディースハルバード」を使った戦いは印象的でしたが、映画のみの登場なのもありランキングからは除外。



黄金のライダー???

仮面ライダーシザース

登場作品:仮面ライダー龍騎本編等。

登場回数は少ないものの、ライダーの戦いで頂点を極めるという目的の為、彼の犯した事件を嗅ぎ回る輩や、一般の人々をボルキャンサーに捕食させて強化させる非道さや、本編での衝撃的な最期で記憶に残るシザース。

光の当たり方で金にもオレンジにも見えるので、今回のランキングからは除外しました。

 

仮面ライダークウガ ライジングアルティメット

登場作品:仮面ライダーディケイド 劇場版『仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー』。

門矢小夜が地の石の力を与えた事で誕生したクウガの強化フォーム。全ライダーの中でもトップクラスのカタログスペックを持つライダー。

黄金の比率が多いのでランキングに入れても良いかと思いましたが、アルティメットフォームは黒のフォームという印象が強かったのでランキングからは除外しました。

 

仮面ライダーダブル サイクロンジョーカゴールドエクストリーム

登場作品:仮面ライダーW 「劇場版 仮面ライダーW AtoZ 運命のガイアメモリ」等。

エターナルに敗れそうになった際、風都の人々の強い思いにより誕生した最強フォーム。ライジングアルティメットと同じような理由ですが、ダブルは緑と黒のカラーリングが特徴的なので、今回のランキングからは除外しました。

 

仮面ライダービルド トライアルフォーム(ラピッドドラゴン)

登場作品:仮面ライダービルド本編 最終話。

最終話でゴールドラビットボトルとシルバードラゴンボトルを使用し、種類の違う有機物同士でエボルトが想定していない奇跡のベストマッチにて生まれた存在。

体の半分はゴールド、しかしもう半分がシルバーの為、おしくもランキングからは除外されました。



おまけ

ゴルドドライブ

登場作品:仮面ライダードライブ本編等。

ドライブドライバーのデータを盗み複製し、そこに宿ることでバンノドライバーとなった蛮野天十郎がロイミュードのボディに取り付いて変身した存在。

劇中での活躍からランキングに入れたかったのですが、公式サイトでは仮面ライダーではなく怪人のような扱いなので別枠にしました。

 

ゲムデウスクロノス

登場作品:仮面ライダーエグゼイド本編。

仮面ライダークロニクルを終わらせないために、檀正宗が自らの手でゲムデウスを葬り去り、そのデータをガシャコンバグヴァイザーⅡへと収集した後、そのバグヴァイザーⅡを自分に突き刺して自らゲムデウスウイルスに感染。ゲムデウスと文字通り融合して生まれた存在。

ゴルドドライブと同様に怪人として扱われているのでおまけに入れました。



まとめ

まず、調べてみて黄金の仮面ライダーが思っていたよりも多かったことに驚きました。判断に困るライダーを抜いても12人と非常に多い!

ただ、本編に登場するのは主人公の最終フォームが多く、他は映画やVシネマ等の限定ライダーが多いので、黄金を使用するのは比較的に特別な存在に多いのだと分かりました。

今後、どんな黄金の仮面ライダーが追加されるか非常に楽しみです!